たるみ全般の原因

歳をとるにつれに気になるのが顔のたるみですが、人間なら誰しもがこれをなくしてきれいでいたいと思うでしょう。

ではいったいどうして年をとると顔がたるんでくるのでしょうか。それは肌にも年齢があるためで、そもそも人間の肌は細胞分裂、いわゆる再生できる回数が決まっているというわけです。

それで、肌が再生できなくなった時が、たるみができ始めるときなのです。皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、それを筋肉が支えているのです。

皮膚の皮下組織には脂肪細胞が集まっているので脂肪が多くければ、当然たるみができることになりますが、皮膚を支える筋肉が鍛えられていれば、たるみは起こらないことになります。

たるみを作る原因は年齢による肌の老化に限らず他にもあるのですが、中でも人が一番気にする、ほほのたるみについて今回は考えてみましょう。

ほほは顔の表情を大きく変化させる大切なパーツであり、食生活や生活環境が大きく関わっていて、食事をするときに口を動かして咀嚼筋を使ったり、笑ったり、泣いたりと顔の筋肉は普段の生活ではあまり意識しないでもよく使っています。

もっと意識して筋肉を使うようにすれば、たるみを防ぐことができるのです。いろいろなストレスで気持ちも落ち込んでいるときは、自然と表情が暗くなり、気付くとほほが下に落ちてしまう、ということもあるのです。

エアコンによる乾燥や紫外線などの刺激、それから疲労もたるみを作る元です。肌に良い食事はもちろん、健康的な生活を心掛けてたるみの原因をよく知ることで、たるみを防ぎ、改善することが出来るのです。

肌再生の成分とは?


肌再生に有効なスキンケアのためにも、肌の再生にいい成分は何で効果はどのようなものか、そして自分には何が合うかを知っておきましょう。

肌を再生させること、肌の弾力成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などを壊さないようにすることで、気になるたるみも自然と解消されていくことでしょう。

様々な肌のトラブルも、肌再生を促すことで改善に向かうこともあります。肌荒れやにきび、かさつき、シワなどに的確に対処していきましょう。ビタミンCは聞き慣れた成分ですが、ジュース、サプリメントによく使われています。

肌のくすみを解消する美白効果以外だけでなく、肌のしわ対策になるコラーゲン増加作用や抗酸化作用にもビタミンCは活躍します。紫外線によるメラニンの生成を抑えてくれるのです。

肌の中でヒアルロン酸を増やし、肌のみずみずしさを増す成分にはビタミンAの中のレチノイン酸という有効です。アメリカではしわの治療にも用いられています。

コラーゲンに働きかけて弾力性を高め、張りのある生き生きとした肌を作る効果もあります。ビタミンAそのものであるレチノールという成分は、レチノイン酸ほどの効き目はありませんが同じような働きをします。

レチノイン酸よりは皮膚への刺激が優しいので、肌の強くない人にはこちらの方が合っています。肌の老化現象は女性ホルモンの減少も作用するため、植物性女性ホルモン様成分であるイソフラボンも肌再生に有効です。

コラーゲンの代謝を促進し、たるみの少ない肌にする効果があります。最近では、ココアなどにイソフラボンの成分を入れたものなども販売されており、注目されています。

正しいスキンケアで肌の再生力を向上させ、しみやたるみのない良い状態のお肌を目指しましょう。

メンズアイキララの効果 >