目の下たるみの原因と対策

目の下たるみの原因

目の下のたるみが出る原因は老化以外にもいくつかあります。

目の下のたるみは脂肪でできていて、目のまわりの筋肉が弱くなると肌は弾力を失うため、目の下の脂肪は支えられずに垂れ下がってしまうのです。

血行不良やリンパ循環の低下により、余分な水分や脂肪を排出できずに皮下組織の脂肪細胞が増加するので目の下のたるみの原因になります。

目の下の脂肪は生まれつき多かったり少なかったりしますが、体質で目の下の脂肪が多い人は、どうしてもたるみやくまができやすいようです。

目の下の脂肪が多い人は、目の下に色素沈着を起こしやすく、目の下の原因を作ってしまうのです。特に頬骨が張っている人や目が大きい人は、目の下にたるみができやすいようです。

筋肉が衰えるのは、日々の生活になにか要因があったりもします。パチンコを長時間するとか、パソコンをずっと見る生活などをしていると、瞬きが減って目のまわりの筋肉は弱まります。

化粧品にも原因がある場合があり、油分の多い化粧品は目の下のたるみのもとになったりします。基礎化粧品に使用されている界面活性剤や油性成分が肌の弾力繊維を破壊し、目の下のたるみをつくる原因となっています。

それから紫外線によって、皮膚の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。ですから紫外線を長時間浴びることは、皮膚の弾力を奪われ、目の下のたるみにつながるのです。

目の下たるみの対策

目の下のたるみを防ぐには、目元をよくするためにマッサージを行うという方法があります。目の下のたるみに効果的なだけでなく、マッサージは皮下脂肪も寄せ付けません。

刺激の強すぎるマッサージは逆効果ですが、血行を促進して新陳代謝を整えることは重要です。肌のターンオーバーも正しく行われ、たるみの原因になる皮下脂肪もつきにくくなります。

こめかみから目の下にかけて、軽く指の腹で押すようにマッサージをしてみましょう。目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていってまたこめかみに戻り、そこを押すようにすると、血流もよくなります。

また目を強くつぶった後、ぱっと開くという運動を繰り返しても、目のマッサージになって、目の周囲の筋肉を刺激することにもなります。

表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして5つ数え、その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。

目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、というような普段使わない筋肉に力を入れることも、目の下のたるみ解消に役立ちます。

ただし皮膚の薄い人は要注意で、このために細かいしわができることもあるので、するのなら事前に保湿をしてからにしましょう。

化粧水などで肌を整えるとき、目のまわりを軽くタッピングすると、血行がよくなって効果的です。

目の下はデリケートなどで強くこすらず、優しく扱うことがポイントです。

メンズアイキララの評判 >